asterism dialogs シリーズ ポストカードセット(全7枚)発売中
5fb332fcf0b1080bbe1230e9 5fb332fcf0b1080bbe1230e9 5fb332fcf0b1080bbe1230e9 5fb332fcf0b1080bbe1230e9 5fb332fcf0b1080bbe1230e9 5fb332fcf0b1080bbe1230e9 5fb332fcf0b1080bbe1230e9 5fb332fcf0b1080bbe1230e9

asterism dialogs シリーズ ポストカードセット(全7枚)発売中

¥1,650 税込

送料についてはこちら

asterism dialogs シリーズのポストカードセット(全7枚) 数 量:100部限定 価 格:1,500円(税込1,650円) cartaの棚展 asterism vol.2 – dialogs – Kae Higuchi & kissa carta にあわせて制作されたdialogsシリーズ全7作品のポストカードセットです。 ポストカードの裏面にはdialogsシリーズの原画がほぼ原寸大で印刷されています。表面には手旗信号で各アルファベットを表現するとぼけた少年少女が樋口佳絵さんによって描かれています。 ーーーーー cartaの棚展  asterism  vol.2 – dialogs –  Kae Higuchi & kissa carta carta online棚 展示期間 11月27日(金)12:00 〜 12月12日(土)23:59 cartaの棚に小さな絵が並びます。 小さな星々が集まって、ひとつの星座になるように。 単語が並んではじめて意味をなすように。 個であり、繋がるものたち。 今回のサブタイトルは「dialogs」。 この春から思いも寄らない毎日を過ごして思うこと。 直ぐには会えないから届けたいなにか、伝えたいなにか。 漠然とした気持ちだけど、自分の外へささやきたいこと。 耳を澄まして受け取りたいこと。 波紋のように遠くまで伝わっていくこと、くること。 発信と受信。 直接的ではなくても、対話なのだろうと思います。 第1回目の「table」では、cartaで過ごす時間をイメージして9点が描かれました。それぞれの席に座るひとはそれぞれの個(星)でありながら、ひとつの空間や時間の中で手を繋ぐこともできるし、その手を取らない自由もある。そしてまた巡りあうこともある。 9点でつくられたタペストリーのようでした。 テーブルに座りひと息ついて 想い巡らせた後のダイアローグ。 今回も手のひらに乗るようなサイズの本物のピースを 近くへ、遠くへ。 手紙のように届けられることを願って。