森ゆに「祝いのうた」
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

森ゆに「祝いのうた」

¥2,500 税込

送料についてはこちら

またしても、またしても、出だしの「前奏」(ピアノのみ)で「何度も聴くことになるだろうな」と心を掴まれた 少し肌寒い、澄んだ空気の広い体育館で感じた緊張感やせつなさみたいなものが心に広がって、ただただ生きていることを祝福されているようで 遠くの山なみを眺めている時みたいに胸がすっとして、背すじを伸ばしたくなるのにじんわりと沁みてくるゆにさんのうた声とピアノ 「悲しい闇夜は 朝のまなざしに 溶けてゆくときまで」(「祝いのうた」より) 春夏秋冬、昼と夜、生と死 ゆにさんのアルバム全て、その時々の景色や心に浮かぶことから描かれる詞はほんとうに美しい ゆにさんの声とピアノだけで、もう充分 店でかけていると、お客さまから「これは誰ですか?」と何度訊かれたかわかりません 出会いと別れの季節に贈り物としてもおすすめしたい一枚 森ゆに 「祝いのうた」 9曲入 35:11(2,500yen(tax in))