森ゆに「山の朝霧」
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

森ゆに「山の朝霧」

¥2,500 税込

送料についてはこちら

ピアニスト・シンガー・ソングライターの 森ゆにさん、オリジナルアルバムとして4枚目の作品。 「山の朝霧」とは、ゆにさんの歌声とピアノになんとぴったりなタイトルだろうか、と思います。 山梨のホールでゆにさんとピアノだけで録音されています。 少し下を向きたくなる時にも前を向いていられる時も。 私たちの毎日にちょうどよい温度でそばにあり続けるだろう一枚。 ゆにさんの歌詞を読むだけでもすでに満足感があるのですが、新潟のエフスタイル、画家の牧野伊三夫さん、石巻の観慶丸の須田マサキさんのお三方から寄せられた言葉や、美しい写真を含め、全部を味わっていただきたいアルバムです。 <森ゆにさんより> 11月に発表したアルバム「山の朝霧」について少しお話しようと思います。今回は音編。 レコーディングは今年4月に、山梨県の身延にあるホールでおこないました。エンジニアは田辺玄。 今回は玄さんの発案で、録音時にsonihouseのスピーカー「scenery」を使用しました。 本来音量差の大きいピアノと声。 ボーカルをsceneryから出してホールの空間に響かせ、それを録ることで、 ピアノと歌がうまく混ざった、演奏会と同じような自然なバランスをとらえることができました。 ヘッドフォンでモニターせずにsceneryの出音を聴きながら演奏するため、 私にとっても歌いやすい方法でした。